残念な出来事。

WTCC&スーパー耐久の画像UPの前に・・・

ご存じの通り 10月21日、三重県の鈴鹿サーキットでWTCC 日本ラウンド&
スーパー耐久シリーズの第5戦が行われ撮影の為に現地にいました。

スーパー耐久決勝第1レースはヘアピン及び裏ストレートでの撮影でしていました。
10周目の1コーナーのオイルフラッグの後クラッシュが続き赤旗が出たのは知っていましたが
こんなことがあったとは・・・ショックです。 

以下、スポニチより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21日午前10時半ごろ、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキット(全長5・807キロ)で行われた
4輪レース「スーパー耐久シリーズ第5戦」決勝にレーサーとして出走した東京都新宿区、
会社員中嶋修さん(54)の車が、コース外の防護タイヤに激突した。
中嶋さんは意識不明となり、ヘリコプターで県内の病院に搬送されたが、脳挫傷で死亡した。

観客やスタッフらに、ケガはなかった。

鈴鹿署と鈴鹿サーキットによると、事故は第1レースの10周目で発生。
ST―3クラス(排気量2001~3500CC)に参戦した中嶋さんの日産車は
第1コーナーの手前でコントロールを失い、コース外に飛び出した。
路面に別の車のオイル漏れがあり、注意喚起の旗が掲げられていた。

鈴鹿サーキットでは2007年8月、バイクで練習中の男性がコース脇のフェンスに激突し死亡。
4輪ではアマチュアの男性レーサーが04年1月、事故死した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


残念でしかたありません

鈴鹿の1コーナーはほんと危険です。

いまだに小河等選手が亡くなった事故は鮮明の覚えています。

今後、1コーナーのグラベルを広げるなどの改修を願いたいものです。


ご冥福をお祈りします。
[PR]
by pakkun-house | 2012-10-24 21:45 | ご挨拶 | Comments(0)
<< WTCC 2012 FIA 世... WTCC 2012 FIA 世... >>