法隆寺西円堂 追儺会鬼追い式

二週連続となりました。。。古都奈良での伝統行事。

今回は自宅から程近い法隆寺西円堂の追儺会鬼追い式です。
毎年、節分の日に行われます。

法隆寺西円堂の基壇上で3匹の鬼の親子(黒鬼、青鬼、赤鬼)が
それぞれ所作を行い松明を投げ、その後に毘沙門天が
現れて鬼を追い払う厄払いをして新しい年を迎える行事です。
初めて鬼追いが行われたのが1261年の2月で、
法隆寺のものが大和で最古だそうです。

松明の火の粉を浴びると無病息災で一年間いいことがあるということです。

最前列でファインダー越しに二度ほど火の粉が浴びることができました。♪


これで今年も無病息災です。

a0148860_21135398.jpg
a0148860_21144362.jpg
a0148860_21153539.jpg
a0148860_21143361.jpg
a0148860_21141925.jpg
国宝を守る地元消防団も必死でした・・・

a0148860_21152212.jpg

[PR]
by pakkun-house | 2014-02-04 21:21 | イベント | Comments(0)
<< snow scene 古都の夜を照らす伝統の炎 >>